「成功」する海外日本語育児とは

海外日本語育児の「成功」や「失敗」。これにはさまざまな考え方があります。試験があるわけでもなく成功の基準が明確にどこかに示されているわけではありません。そして「海外在住の日本語育児」と言っても家庭環境や言語環境、兄弟の数、配偶者が日本語がわかるかどうか、祖父母が同居かどうか、同居の家族のバイリンガル育児に関する考え方、滞在国や地域では日本語という言語はどのように考えられてるかなど、家庭によって状況がさまざまです。しかし1つだけキーワードとして言えることは次のことです。

 

「子供がバイリンガルになるかどうかは、親がカギを握っている。」

 

つまり、親がブレない方針を持ちつつも子供の様子や環境の変化などを見ながら柔軟に軌道修正ができる。そんな舵取りができる親がカギを握っているのです。子供が小さいうちは特にそれが顕著に現れます。親が常に自信がなかったり迷っていたりすると、子供もどうしていいかわからなくなります。まずは親がブレない方針をもち知識をつけどんどん実践していき、様子を見ていくと時には壁にぶつかったり時には軌道修正が必要になります。そんな時に焦らずに自分の方針と照らし合わせながら、うまく舵取りをしていく…。そのような親になれることが、成功する海外日本語ル育児への道です。

「にほんごいくじどっとこむ」が目指しているもの

言語を通して日本人の親の母文化や価値観を子どもに受け継いでもらい、子どもが将来、留学や仕事などで日本人と接する時に摩擦を起こさないようにしスムーズにコミュニケーションできる人となること。そのような子どもに育てるには、何から始めてどのようにしたらいいのか…? そのために必要な知識や経験には、何があるのか…? 疑問は尽きないと思います。

「にほんごいくじどっとこむ」では、それぞれのご家庭の目標に合わせた日本語育児の方法をお伝えし目標が達成されることを目指しています。

 

皆さまと共有したいこと

外国人に日本語を教えた経験があることや、海外日本語育児の経験、今までの身に付けた知識や発信など…。これがすべてではありません。日本語育児・バイリンガル育児に対する考え方や方法、実践などは変化することがありそれは「進化」と考えられることもあります。

 

「にほんごいくじどっとこむ」では、過去の経験や知識だけに頼らず日本語育児やバイリンガル育児に関する情報を常に収集して知識を更新する努力を積み重ねています。日本語育児・バイリンガル育児に関する最新情報や実践例などを、皆さまと共有しそれぞれのご家庭でお役に立てていただけたらと思います。